王者の風格をお持ちの方はいらっしゃいませんか。2008/06/05

王者の風格をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
近くのビルの屋上に時々犬が出没する。
柴犬か秋田犬か、例のCMのような北海道犬か、
あるいはそれらの雑種か、
とにかくよく見かける感じの中型犬。
誰かに連れられている訳ではなくて、
一人、というか一匹だけでいるのだ。
 
最初に見つけた時は目を疑ったが、
どうやらそのビルの所有者に飼われている様子。
自分で非常階段を駆け上って、
小一時間、何となく滞在してまた階段を降りて行く。
自分では、縄張りの見回りのつもりなんだろう。
彼にとっては小高い丘の上かなにかに
見えるのかも知れない。
 
おそらくマーキングもしていると思われるが、
どう考えても、他の犬がマーキングの上書きをしているとも思われないので、
自分だけが支配しているエリアの王者の気分だろう。
事実、鉄の柵越しに高みから遠くを見つめる目は、あたかも広大な支配地を手にした百獣の王のようだ。
 
…ちと言い過ぎた…
 
そもそも人に飼われている動物たちに、この文明社会はどう映っているのだろう。
車にしても、電柱にしても、高層ビルにしても、
それぞれの動物なりの価値観や解釈で、おそらくは不合理も無く収まっているんだとは思う。
「くさい息を吐き速く走る大型獣」「細い枝の葉の落ちた木」「断崖が連なる異形の山」という感じか。
文明といったところで、太古の昔と同じく、太陽は昇るし月は輝くし、雨も雪も降る。
本質的に変わった事はそれほど多くないともいえよう。
温暖化や環境破壊が深刻さを増しているとされるが、犬や猫たちは何も感じてないのではないか。
いや、もしかすると十分にそれを察知しているからこそ、あの「遠い目」だったのやも知れぬ。
 
あの犬はひとしきり、丘の上の秘密の場所ならぬ、ビルの屋上で王者の気分を味わったのち、
おそらく、主人の元に帰った後は一転、最下位の地位に甘んじるのだろう。
なんだか、身につまされる。
どこかのお父さんのようではないか。

コメント

_ manicure ― 2017/05/05 00:48:55

Greetings from Idaho! I'm bored to tears at work
so I decided to check out your site on my iphone during lunch break.
I really like the knowledge you provide here and can't wait to take a look when I
get home. I'm amazed at how fast your blog loaded
on my phone .. I'm not even using WIFI, just 3G .. Anyhow,
very good blog!

_ karrimazyck.jimdo.com ― 2017/05/08 04:12:50

Wonderful blog! I found it while surfing around on Yahoo News.
Do you have any tips on how to get listed in Yahoo News?
I've been trying for a while but I never seem to get there!
Cheers

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://binsei.asablo.jp/blog/2008/06/05/3563384/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

<< 2008/06 >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

このブログについて

ノープラン、ノーコンセプトで綴る、
モノクローム・モノローグ。

最近のトラックバック

RSS