もちろんこんな校舎じゃありません。2009/04/09

もちろんこんな校舎じゃありません。
何年ぶりだろうか、
高校の同窓会の案内が来た。
 
比較的同窓会が多く行われる小中高も、また大学も、
私は今まで同窓会というものに出席した事が無い。
 
卒業間もない頃には、
小さな集まり程度のものは行ったのだが、
正式に案内状が届き、
それなりの会場で行われるものは、
行った事がなかったのだ。
 
これは、小中学校は今の住所からは遠すぎ、
高校も、日帰りではすまないという、
主に距離的なものが理由だったのだが、
それらを克服してまで積極的に行こうという気が起こらなかったのも事実である。
 
それぞれの時代に仲の良かった友達も多かったのだが、距離的な事もあっていつの間にか関係が薄れ、
現在に至るまで、その後の友人や知人との関係以外は関心が薄れてしまった。
以前はまだ若かった事もあったのだろう、
同窓会に出席するというのが、妙に後ろ向きで、ダサいように思えて、やや気恥ずかしく感じていた。
また、昔を懐かしんで、同窓生に会いたいという気がそれほどはなかった。
 
しかし、今回の案内状は少し気になるのである。行ってみたいと思えてきた。
これも私が昔に比べて力が抜けてきたからなのか、それとも「老いた」のか。
このブログでも「回想」のカテゴリーが多くなってきたような気がする。
 
イベントが楽しいものになるか、失望に終わるか分からぬが、
ひとつだけ確かな事は、おそらくこれで青春の残滓に最終的な整理をつける事ができるだろう事だ。
 
はたして皆どのような変貌を遂げているのだろう。
部活を通じて一番仲の良かったあいつは?美人の誉れ高かったあの娘は?
影が薄い方ではなかったはずだが、すっかり体の「一部」が薄くなった私を誰か思い出すだろうか?
 
怪しい人物が紛れ込んでいると、つまみ出されないか心配である。いやマジで。
 

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://binsei.asablo.jp/blog/2009/04/09/4234465/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

<< 2009/04 >>
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

このブログについて

ノープラン、ノーコンセプトで綴る、
モノクローム・モノローグ。

最近のトラックバック

RSS