May the Force be with you.2012/10/31

May the Force be with you.
先月に引き続き、
またまた健康に関することでも書こうと
何気なくニュースを眺めていると、
ディズニーがルーカスフィルムを買収とか。
 
本来9部作と言われていたスターウォーズの
エピソード7以降が映画化されるらしい。
 
以前ジョージ・ルーカスは
7以降のシリーズは作らないと発言していたし、
もともと構想のあったストーリーアイデアは、
すでに1~3の中に吸収されたとの噂もある。
 
またその後に色々な作者によって生み出された
スピンオフ作品などがありややこしい。
世界中にコアなファンが存在し、サーガともいわれる作品の続編となれば、いろいろ論議を呼ぶだろう。
 
しかし私は新しい作品が生み出されるのなら、単純に楽しみである。
年がバレてしまうが、最初の作品エピソード4が日本で公開された時、
親戚の女の子と劇場に観に行った思い出が、セピア色に浮かび上がってくるのだ。
この、親戚の女の子と行ったというあたり、全然色気のないしょぼいエピソード1なのだが、
映画自体は当時の映像技術を遥かに凌駕したエキサイティングな作品として、強烈な印象を受けたものだ。
 
今となっては初期の作品の特殊効果もやや陳腐なものになってしまい、
後に製作されたエピソード1〜3の宇宙船のシステムの方が、
時代的に後の4〜6のものより遥かに優れているという矛盾もあるが、まあこれはご愛嬌。
 
当時、ミレニアム・ファルコン号が光速に突入する時のエフェクトに
テンションが上がったのは私だけではあるまい。
 
現実的には光速に近い速度で移動しようとすれば、星はあのように後方に軌跡を残しながら過ぎ去らない。
むしろ降雨現象により、前方に集束するように集まり、ドップラー効果で虹色に輝くはずである。
ま、そんな事を言い出すのは野暮というものだな。
 
新作が公開されれば、映画館に足を運ぶことになるだろう。また一つセピア色の思い出が増える訳だ。
私の座骨神経が上映時間に耐えられればの話だが。…おっと、またしてもジジ臭い話になってしまった。
 
フォースと共にあらんことを。
 
<< 2012/10 >>
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

このブログについて

ノープラン、ノーコンセプトで綴る、
モノクローム・モノローグ。

最近のトラックバック

RSS