恐竜の末裔と100円でできる在庫一掃処分2015/12/17

朝、カラスの騒がしい声で
その日がゴミの日だと知らされる。
それが当たり前のようになってからずいぶんと経つ。
さすが恐竜の末裔中最高の知能の持ち主、
今日が何曜日かもご存知である。
しかし、ゴミの日を忘れないようにしてくれる
その代償として袋を破られてはかなわない。
散乱したゴミに全く気づかず
隣家の人に処理してもらったことも
一度や二度ではないのだ。
 
そこで遅まきながらカラス対策として
何らかの覆いを用意することにした。
よくあるカラス除けネットは
漁港に置いてある漁師の網が積んであるようで、
使っている時も収納している時も雑然としていて
美的にイマイチだと予々思っていた。
別に磯臭い訳でもないし、そもそも編み目が全く違うのだが街中の風景としてはややそぐわない。
しかもホームセンターで専用のものを買えばそれなりにするから余計気に入らない。
 
ならばとカゴを自作することにした。
大した代物ではないので、机に向かってメモも取らず頭の中でシミュレーションしてみる。
よく台所などに使う、フックなどをぶら下げる格子状のパネルを箱状に組めば良いのではないか。
金属製で白のビニールコーティングが施されているやつ。あれなら100円ショップで売っているはずだ。
さっそく近所のダ◯ソーに行ってみると手頃なパネルと蝶番状にできる連結具を発見。
これなら使わないときは折りたためるカゴが自作できる。
カラスには容易に突破できず、人には中のゴミが確認・取り出しできて文字通り一石二鳥、いや三鳥である。
底はいらないので5面、その他の小物を入れても数百円で済んだ。
買って帰って自作開始。蝶番部分の位置を微調整するも瞬く間に完成した。
回収員が見慣れないカゴに戸惑わないように開け口に矢印までつけると、あらもう売り物のよう。
 
次のゴミの日から使ってみるとなかなか具合がよく、これまでのところカラス被害は一度も起きてない。
一羽の力でスチールメッシュ製のフタを開けるのはさすがに不可能だと思われる。
何羽も集まり呼吸を合わせてフタを開けるなどというスゴ技を開発しない限り大丈夫だろう。
こりゃもうBinseiブランドで売り出すしかないな、とニマニマしているところだ。
 
さて、ここまで読んで何か違和感を感じた貴方は当ブログ読者としてなかなか鋭い。
何を隠そうこの文章は半年も前に書いてそのままアップせずに放置、ボツ直前だったのだ。
年の瀬も押し迫ったこの師走に全て吐き出そうと、在庫一掃処分の挙に出たのである。
まだまだ今年未発表ネタがあるのかないのか、
来年もブログを続ける気があるのかないのか、待たれよ次号!
<< 2015/12 >>
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

このブログについて

ノープラン、ノーコンセプトで綴る、
モノクローム・モノローグ。

最近のトラックバック

RSS