死亡宣告されるも、どっこい生きている。2017/12/31

死亡宣告されるも、どっこい生きている。
さてと今年も年紀を記す季節がやってきたか
と恥ずかしげもなく書いておくとする。

 
放置している間に随分と英語のスパムコメントに
散々荒らされていたようで
流れぬ川は澱み生命は死に絶え異臭を放つ。
もはや死亡宣告されたも同然なブログだが
とりあえずさっと箒で掃いて再開してみた。

 
来年は私にとっては節目の年である。
そのことを殊更意識しているという訳ではないが
様々なことを清算したりまた始めたりしている。

 
確か去年の「年紀」で
年明けから走り始めるなどと宣言していたが
実のところ始めたのは秋口に入ってからである。
ともあれウェアやシューズ、Apple Watchまで取り揃えまずは形から。
早朝城の周りを2km、まずはウォーキング。
現場までそこそこ距離があるので往復は自転車である。
いやいやそこも走れよと思ったあなた、私の体力をなめてもらっては困る。
行ったはいいが帰れなくなる可能性もあるのだ。
全て歩道で信号や交通安全のこともあるし、何より周回コースだとランニング量をコントロールしやすい。
その代わりと言っては何だが、3代目STRIDAの3段変速を生かして、自転車もトレーニングに組み込んだ。
なるべくスピードを上げトライアスロンならぬジアスロンといったところだ。
しかし毎日続けるとえらいもので徐々に走れるように、持久力も少しずつついてきた。
さすがにこのところの寒さで路面の凍結が怖いので気温によっては中止し、スクワットに切り替えている。
天候などでしばらく中止すると走りたくてたまらなくなるようになってきた。こうなるとシメたものだ。
今後はさらに距離とタイムを伸ばし、最終的にはインターバル走に持っていきたい。

 
始めたこともあれば清算したことも色々ある。
例えば私の右頬には1円玉大の黒いアザがあったのだが、
これは生まれつきあったものではなく、30過ぎくらいに後天的にできたものである。
当時かけていた玉の大きいメガネの特殊なマット塗料が肌に合わず、かぶれてしまった痕なのだ。
面倒だったので長年そのまま放置していたのだが、ここにきて除去することにした。
美容整形に行けばウン万とかかると言われたが、まずは近くの総合病院の皮膚科で診断。
すると診察した中年の女医は
「シミが顔にあると老けて見えますからねぇ。私も顔にホクロが多いせいで老けてみられるんですよ」
などというので「いや、それはどうかな」と返すと微妙な空気に。
女医は気を取り直して「レーザーで取りましょか、美容整形でやれば高いけどうちは安いですよ」
と気軽に言いながら、炭酸ガスレーザーであっという間に除去した。800円ほどである。
もっと早くやりゃ良かったと思ったが、10年、20年前だと状況は違うかもしれず、まあいいかと。

 
卒業以来、中学校の同窓会に一度も参加していないのだが、
年明け早々に宿泊付きで行われる同窓会には参加してみようと思っている。
何しろこの歳になると彼らには死ぬまで会わない可能性も高いのだ。心残りのないようにしたい。
こんなことを書き出していると、もう余命いくばくもないのかと思われるだろうが、
夏に初めて受けた人間ドックでも大した異常は見つからず、すこぶる健康である。

 
普段赤いものなど身につけることはないのだが、新年は赤いパンツで迎えようと思う。
誰にも見えんだろうと変なニヤニヤがでそうな感じである。
オチはハナから考えてない(キッパリ)
良いお年を。
 
<< 2017/12
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

このブログについて

ノープラン、ノーコンセプトで綴る、
モノクローム・モノローグ。

最近のトラックバック

RSS