有名と無名のあいだに横たわる深い深い闇2015/08/22

有名と無名のあいだに横たわる深い深い闇
さて、例によって1年ぶりにもかかわらず、
何食わぬ顔で更新してみる。
 
毎回オリンピックの時期になると
そのデザイン関係の話を書いてきた。
しかし今回の東京オリンピックのロゴは
発表時からあれこれ騒がれたので、
書こうかどうしようか迷っていたのだが、
やはりなんらかの所感を書いておくべきだろう。
 
今回の作品においてパクリ・盗作問題が
取りざたされていることについては、
以前、井伏鱒二の盗作について触れた
「一日一冊」の記事を読んだ際に、
当ブログのエントリーに記したように、
本来的には微妙な問題を含んでいる。
つまりデザインの基本的な要素、形や配色といったものは、自ずと限られており、
手法の類似は多少やむを得ない側面があるのだ。本来は。
 
ところが、これまでのこのデザイナー氏の別の作品についてもネット上であれこれ指摘があったように、
剽窃、素材の無断使用がいくつも疑われている。
本人はオリンピックのロゴに関しては否定しているが、こうなるとかなり怪しい。
ベルギーの劇場は頭文字の「T」と「L」のローマン体を表現していると納得できるのだが、
今回のロゴは左上のTのセリフ部分はともかく、右下の「L」のセリフのような部分が意味不明だ。
全体で円を構成しているとしているが、無理があるように思える。
 
そもそも日本で行われるイベントに、なぜ頭文字のアルファベットを要素の中心に据えるのか。
全体に地味な印象で、とても国際的な華やかなイベントを連想できない。
それどころかスポーツの祭典とも、日本で行われるイベントとも表現がほとんどできていない。
へたすりゃ近所の葬儀屋の新しいマークだと言われりゃそうかもと思える出来である。
 
本人の解説によると、あらゆる色を混ぜると最終的には黒になることから、
黒の棒で多様性を表しているとしているが、どこの世界に黒い色を見て多様性を感じる者がいるのか。
私もデザイナーなので、ついやりそうになるからまあ分かるのだが、これは明らかに後付けである。
多様性を表現しようという発想が先にあったのではなく、制作してしまってから、
その意味を込められると言えば、プレゼン的にアピールできるのではないかと考えたからと思われる。
 
ただし、盗作は論外だが作品の不出来はデザイナーのその作品における評価に過ぎず、
今回の問題の本質は、幾つもの作品の中から選定委員会がどのような経緯で最終的に決めたのか、
その辺りがどうも不透明で怪しく、徹底的に明らかにされるべきであろう。
 
今回の東京オリンピックでは、国立競技場をアンビルドの女王に依頼してしまった顛末にしろ、
学生がふざけて作ったのかと思われるような、
これ以上ダサくできそうもない東京観光ボランティアのユニフォームにしろ、問題噴出である。
特にユニフォームは日の丸をこれ以上矮小化・陳腐化できないのでないかというほどの扱いで、
全体で見れば、東京はむろん日本を全く感じさせず、韓国のユニフォームかと思うほどである。
 
東京オリンピックの組織委員会の皆様、もろもろ見直すなら今ですぞ。
国際的なデザインの賞にかすりもしない私に仕事が回ってくるはずもないが、是非とも私に依頼を。
すごい腹案があるんですがね。競技場イメージにも、開会式のシンボルにも繋がりうるすんごいのが。
これで国際的な名誉は一気に回復ですぜ。・・・という夢を見た。

May the Force be with you.2012/10/31

May the Force be with you.
先月に引き続き、
またまた健康に関することでも書こうと
何気なくニュースを眺めていると、
ディズニーがルーカスフィルムを買収とか。
 
本来9部作と言われていたスターウォーズの
エピソード7以降が映画化されるらしい。
 
以前ジョージ・ルーカスは
7以降のシリーズは作らないと発言していたし、
もともと構想のあったストーリーアイデアは、
すでに1~3の中に吸収されたとの噂もある。
 
またその後に色々な作者によって生み出された
スピンオフ作品などがありややこしい。
世界中にコアなファンが存在し、サーガともいわれる作品の続編となれば、いろいろ論議を呼ぶだろう。
 
しかし私は新しい作品が生み出されるのなら、単純に楽しみである。
年がバレてしまうが、最初の作品エピソード4が日本で公開された時、
親戚の女の子と劇場に観に行った思い出が、セピア色に浮かび上がってくるのだ。
この、親戚の女の子と行ったというあたり、全然色気のないしょぼいエピソード1なのだが、
映画自体は当時の映像技術を遥かに凌駕したエキサイティングな作品として、強烈な印象を受けたものだ。
 
今となっては初期の作品の特殊効果もやや陳腐なものになってしまい、
後に製作されたエピソード1〜3の宇宙船のシステムの方が、
時代的に後の4〜6のものより遥かに優れているという矛盾もあるが、まあこれはご愛嬌。
 
当時、ミレニアム・ファルコン号が光速に突入する時のエフェクトに
テンションが上がったのは私だけではあるまい。
 
現実的には光速に近い速度で移動しようとすれば、星はあのように後方に軌跡を残しながら過ぎ去らない。
むしろ降雨現象により、前方に集束するように集まり、ドップラー効果で虹色に輝くはずである。
ま、そんな事を言い出すのは野暮というものだな。
 
新作が公開されれば、映画館に足を運ぶことになるだろう。また一つセピア色の思い出が増える訳だ。
私の座骨神経が上映時間に耐えられればの話だが。…おっと、またしてもジジ臭い話になってしまった。
 
フォースと共にあらんことを。
 

Steve, requiescat in pace.2011/10/06

Steve, requiescat in pace.
スティーブ・ジョブズが亡くなった。
享年56歳。早すぎる死である。
 
彼の人柄や、偉大な業績については、
すでにあちこちであらゆる立場の人が書いているので、
ここででは多くを語らないことにする。
 
Apple製品との付き合いはMac導入後からなので、
もう20年近くなるだろうか。
最初のMacはまだPowerPCでさえ無い、
メモリ40MB、HDD500MBと言う非力な、
今から思えば、
よくそれで仕事できたなというマシンだった。
それを遥かに凌駕するマシンが、
今ではポケットに入るのだから隔世の感である。
 
あれから増えた、いくつものApple製品のリンゴマークを見つけては、
子どもが「あのリンゴは誰がかじったの?このリンゴは?」などと言っていたことを思い出した。
Apple=Steveとされる男が去って、これからの世界最大の企業が果してどうなるか、興味深い。
 
「毎日を人生最後の日だと思って、素晴らしいと信じた仕事をすれば、誰でもひとかどの人物になれる。」
という言葉を17歳から信じて、ジョブズはその通りに生き、ひとかどのどころか伝説的な英雄になった。
アップル公式サイトのトップページに掲げられた彼の有名な画像は、ファイル名が「t_hero」である。
 
ジョブズの写真を見る度に、家族は私に雰囲気が似ているという。
あんなイケメンではなく、それほど似てるとは思わないが、年を重ねると似てくるのかもしれぬ。
彼のようには生きられなかったし、またこれからも全く違う生き方になるだろうが、思うところはある。
 
どうも人生を無駄に過ごしてきたような気がしてならない。謙遜でなく馬齢を重ねてきたのではないかと。
若い時に思い描いていた目標の自分に近づいているのか、あの頃望んでいた未来に立っているのか。
 
ここ数年、ずっとそのあたりのことを考えていた。
食うための仕事、儲かるための仕事に追われて、本当にやりたいことをやって来なかったのではないか。
彼の言葉を借りれば、まさに、
「あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。」
人間,人生の折り返しを過ぎるとそんな事を思うものらしい。
自分が何も成し遂げてない、何かやり残したことがあるような気がして、激しい焦燥感に駆られるのだ。
 
そして今も焦燥感に駆られている。早く、早くオチを思いつかなければ…。
 
いや、今夜はやめておこう。
スティーブン・ポール・ジョブズ。心よりご冥福をお祈りいたします。
 

草食系でも肉食系でもない、第3の男の回顧。2010/12/28

草食系でも肉食系でもない、第3の男の回顧。
師走とはよく言ったものだ。
前回更新してから、まさしくあっという間であった。
その間意識不明だったのではないかとさえ思える。
 
この、12月が瞬く間に過ぎる感覚は、
おそらく冬至前後の昼間の短さが原因だろう。
主に夜の活動が中心ならばともかく、
やはりヒトは日中の長さが一日の長さであり、
その意味では、私もまだまだ健全なのかも知れん。
 
しかし、若い時は毎晩のように飲み歩いていた。
何が楽しかったんだか、毎日朝帰りである。
別に破天荒な生き方を気取っていた訳でもなく、
独り身の部屋に帰るのが寂しいという訳でもなかった。
 
確かにそこそこ飲める方だったのだが、格別酒好きとはいえないのである。
というのも、今もそうだが当時も家では全く飲まなかったからだ。
 
そのうちある時から、きっかけと言っても特にないのだが、ぱったり出歩かなくなった。
バーだろうが、クラブだろうが、キャバクラだろうが、お茶屋だろうが、面白くも何ともなくなったのだ。
惰性でそんな生活を続けていただけで、そんな事に金を使うのがバカバカしくなっていた。
あの頃散財した金があれば今頃…イヤイヤそれは言うまい。
 
昨今世間を賑わせていた人間国宝候補のあの御仁も、そんな惰性の時期のまっただ中なのではないか。
酒場に繰り出した事がある者なら、百も承知だろう。
横柄な奴や大口叩く奴、女や連れにいいカッコしたいが為にイキっている奴などゴマンといる。
むしろ、それをやりたいが為にうろついていると言ってもいい者だらけである。
まったく騒ぎが常軌を逸していた。誰かが言っていたがまさしく「どうでもいいわ」。
 
近頃は忘年会にも誘われることもめっきり少なくなった。
健全で健康的だと言えるかも知れぬが、社会との接点が減って果してこれで良いのかどうかわからない。
世捨て人とまで言えないが、もっと世間を広げても良いだろう。
 
今や肉食系や草食系ならぬ、霞食系乃至仙人系だと自他ともに認める人間であるが、
枯れてばかりもいられない。
来年はスキンヘッドにでもして、ギラギラした生き方をしてみようか、などと言ってみる。
 
今年の更新はこれが最後になると思われる。皆様良いお年を。
 

地球か……何もかも皆懐かしい……。2010/06/15

地球か……何もかも皆懐かしい……。
小惑星探査機「はやぶさ」が帰ってきた。
7年、実に60億キロの旅の果てにである。
小惑星への往復は世界初、
もしサンプルを持ち帰っていれば
これまた史上初の快挙である。
 
数々のトラブルに見舞われながらも、
「こんなこともあろうかと」
仕込んでおいた回路や設計を駆使し、
超がつくほどの裏技を生み出しながらの快挙だ。
この国の技術者の能力と執念に拍手を送りたい。
 
ネット上でも以前から大盛り上がりで、
はやぶさたんなどとも呼ばれたりしている。
人工知能を積んでいる訳でもなく、
機械を擬人化することの是非はあるかも知れないが、
数々のロボットアニメの隆盛を見るまでもなく、日本人はこういうのが大好きである。
 
実際、はやぶさが最後に撮影した地球の画像は多くの人の涙を誘ったのではないか。
カプセルを放出して、役目を終えた機体を最後の力をふりしぼって反対に向け、故郷のこの星を撮影した。
「何もかも皆懐かしい」と言ったかどうかはともかく、
この探査機を造った人も運用した人も日本人なのだから、
このミッションを遠巻きに見ていた我々と同じような感覚をもっていただろうし、
宇宙戦艦ヤマトなどの作品のこともよく知っているはずだ。
 
科学予算が例の仕分けとやらで軒並み削られている。嘆かわしい話だ。
1番を目指さなかったら2番になれる訳もない。
あの発言でどれだけの科学者がこの国を出ようと思ったことか。
仕分け人などともてはやされているが、ひょっとすると他国の工作員ではないかと疑ってしまいそうだ。
科学技術で食っていかないでこの国は何で食っていくつもりなのだろう。
もしかしたら、あの金持ちの男の屋敷の裏庭にレアメタルの鉱山でもあるのかもしれない。
 
こども手当の予算があれば、毎年200機ものはやぶさクラスの宇宙船が造れる。
その方がよほど将来の子供のための生き金なりそうだが、
選挙の票目当ての死に金が莫大な借金を元手にばらまかれる。
民主主義はこうやって腐って死んでいくのだろうか。
 
う~む、柄にもないことを書いてしまった。
ありきたりなことばかりだが、今回の快挙に際していっそう思わずにはいられない。
 
ところで、あの大きな襟こそ仕分けした方がいいのではないか。
などと、またまたありきたりなことを言ってみる。
 
<< 2015/08 >>
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

このブログについて

ノープラン、ノーコンセプトで綴る、
モノクローム・モノローグ。

最近のトラックバック

RSS