100年記を執筆中です。なお完結はしない模様。2016/12/31

100年記を執筆中です。なお完結はしない模様。
とりあえず生存報告。
ここまで更新しないと
照れ隠しに日記代わりなどと言っていられん。
これからは「年記」とでも称するしかないか。
「いやー、ブログやってんすよ。
ま、年記代わりみたいなもんすけどね」
などと使います。
 
10年前から5年前くらいまでは
初めての経験が続いたこともあってか、
時の経つのが遅い気がしていたのだが、
いざ10年経ってみるとあっという間だったというのが
現在の正直なところである。
考えてみれば人生せいぜい100年足らずなのだから、
10年があっという間に過ぎては堪らんわけで、
あっという間を数回繰り返すだけでお仕舞いではないか。
これではいかんと何かしら人生を濃密にする活動をせねばと思えど、
劣化し萎んだ脳細胞はエンストを起こすばかりである。
とまあ、例によって自虐的なことを書いて字数を稼いでいるのがバレそうなので、多少まともな話を。

今年はオリンピックイヤーでもあった。
日本人選手の活躍もあり楽しめたし、また閉会式の東京オリンピックパフォーマンスも話題になった。
東京オリンピックといえばエンブレム公募に私が応募したかどうか覚えている方もいるかもしれない。
応募は確かにしたのだが、ご承知のように採用されたのは私の作品ではない。
それどころか採用作品をみればそもそも私が応募した作品が受かるはずがなかった。
おそらく早い段階で落とされたのではないか。
時間がなく完成度を上げきれたか微妙ではあったが、もし最終候補に残ったとしても、
どなたかが指摘されていたごとく他3作品と同様、当て馬にされるのが精一杯だったろう。
そのくらい選考委員、特に専門家の選考基準と乖離していた。まあ、仕方がない。
もはや何が受けるかわからん。年賀状もやり過ぎを反省して、普通のものにした。いいのかこれ。

オリンピックに影響されたわけではないが、秋口から筋トレをまた始めた。
筋トレ用のマットと水を入れて使うダンベル、のちには筋トレ用のゴムまで購入してまずは形から。
腹筋・背筋・腕立て伏せはもちろん、スクワットやその他の筋肉運動をほぼ毎日行っている。
近頃は心なしか体が一回り大きくなってきたようにも感じるが、
私の目的はボディビルドではないし、もちろんダイエットでもない。
とにかく体力をつけることと、怪我しない体を作りことである。
体力といっても何キロかダラダラ走れる体力があってもしょうがない。
当面の目標は200m全力疾走である。無酸素でどれくらい運動できるか、これが目指すところだ。
年明けから全力疾走を何本か織り交ぜたインターバル走でも始めようと思っていた。

昨日までは。

やっちまったのだ。 またしても腰痛。大掃除で腰を痛めてしまった。
慣れない姿勢で窓拭きなんぞしたのが祟ったようだ。
怪我しない体作りでもあった筈だったが、知らず知らずのうちに疲労が溜まっていたのかもしれない。
いずれにせよ当分は筋トレ中止。正月も休息というか下手すりゃ寝たきりで過ごさねばならんかもしれん。
まさしくトホホな状況だが、一つ分かったことがある。と言うより思い出したことというべきか。
やはり筋肉トレーニングで培った筋肉は所詮役に立たんということである。
本当に役立つ筋肉は現実の様々な動きの中で鍛えられるものだということ。
元々分かっていた筈なのに、筋トレというものは続けているとそれが目的化してしまって、
当初の思惑を忘れてしまいがちなのだと今回痛感した。
いずれ外でインターバル走など体を動かして鍛える、その準備段階の筋力増強だったのだが。

ともあれやっちまったものはしょうがない。
いずれ腰が回復すれば、今度はストレッチやランニングに重心を移して筋トレの比重を下げようと思う。
私の劣化し縮んだ億千万の脳細胞は戻らなくとも、体力は戻ると信じてやるしかない。
まあ、劣化し縮んだなどと言っているが、
実は使っていればいずれは脳細胞も復活するのではないかと、根拠もなく密かに思っていたりするのだ。
そう、私は元々超のつく楽天家なのである。人生100年足らずとはいえ、まだまだある。
年記と称してブログを書くのも逆に余裕の表れということで、前向きに捉えようではないか。

ここまで書いてもオチを全く思いつかんので、どう着陸しようか困っているのだが、
読み返すと最初の方で多少まともな話をなどと書いておきながら、やっぱりどうでもいい話だった。
という微妙なオチでどうですか、ダメですか。
やっぱり脳細胞の復活は無理だなこりゃ、割り切って脳も筋肉で置き換えることにするかな。
その方が100年記が完結しそうな予感がする。

良いお年を。

有名と無名のあいだに横たわる深い深い闇2015/08/22

有名と無名のあいだに横たわる深い深い闇
さて、例によって1年ぶりにもかかわらず、
何食わぬ顔で更新してみる。
 
毎回オリンピックの時期になると
そのデザイン関係の話を書いてきた。
しかし今回の東京オリンピックのロゴは
発表時からあれこれ騒がれたので、
書こうかどうしようか迷っていたのだが、
やはりなんらかの所感を書いておくべきだろう。
 
今回の作品においてパクリ・盗作問題が
取りざたされていることについては、
以前、井伏鱒二の盗作について触れた
「一日一冊」の記事を読んだ際に、
当ブログのエントリーに記したように、
本来的には微妙な問題を含んでいる。
つまりデザインの基本的な要素、形や配色といったものは、自ずと限られており、
手法の類似は多少やむを得ない側面があるのだ。本来は。
 
ところが、これまでのこのデザイナー氏の別の作品についてもネット上であれこれ指摘があったように、
剽窃、素材の無断使用がいくつも疑われている。
本人はオリンピックのロゴに関しては否定しているが、こうなるとかなり怪しい。
ベルギーの劇場は頭文字の「T」と「L」のローマン体を表現していると納得できるのだが、
今回のロゴは左上のTのセリフ部分はともかく、右下の「L」のセリフのような部分が意味不明だ。
全体で円を構成しているとしているが、無理があるように思える。
 
そもそも日本で行われるイベントに、なぜ頭文字のアルファベットを要素の中心に据えるのか。
全体に地味な印象で、とても国際的な華やかなイベントを連想できない。
それどころかスポーツの祭典とも、日本で行われるイベントとも表現がほとんどできていない。
へたすりゃ近所の葬儀屋の新しいマークだと言われりゃそうかもと思える出来である。
 
本人の解説によると、あらゆる色を混ぜると最終的には黒になることから、
黒の棒で多様性を表しているとしているが、どこの世界に黒い色を見て多様性を感じる者がいるのか。
私もデザイナーなので、ついやりそうになるからまあ分かるのだが、これは明らかに後付けである。
多様性を表現しようという発想が先にあったのではなく、制作してしまってから、
その意味を込められると言えば、プレゼン的にアピールできるのではないかと考えたからと思われる。
 
ただし、盗作は論外だが作品の不出来はデザイナーのその作品における評価に過ぎず、
今回の問題の本質は、幾つもの作品の中から選定委員会がどのような経緯で最終的に決めたのか、
その辺りがどうも不透明で怪しく、徹底的に明らかにされるべきであろう。
 
今回の東京オリンピックでは、国立競技場をアンビルドの女王に依頼してしまった顛末にしろ、
学生がふざけて作ったのかと思われるような、
これ以上ダサくできそうもない東京観光ボランティアのユニフォームにしろ、問題噴出である。
特にユニフォームは日の丸をこれ以上矮小化・陳腐化できないのでないかというほどの扱いで、
全体で見れば、東京はむろん日本を全く感じさせず、韓国のユニフォームかと思うほどである。
 
東京オリンピックの組織委員会の皆様、もろもろ見直すなら今ですぞ。
国際的なデザインの賞にかすりもしない私に仕事が回ってくるはずもないが、是非とも私に依頼を。
すごい腹案があるんですがね。競技場イメージにも、開会式のシンボルにも繋がりうるすんごいのが。
これで国際的な名誉は一気に回復ですぜ。・・・という夢を見た。

風が吹けば誰かさんが儲かる。2013/02/23

風が吹けば誰かさんが儲かる。
始まりはiPhoneである。
家族が3年前に私と一緒に買ったiPhone4を落として、
裏面のガラスが割れてしまったのだ。
透明のケースに入れていたのだが、
逆にそれが全体に強い圧力になったのかも知れない。
 
2年過ぎているし、それならついでにと
私も一緒に新しいiPhone5に換えることにした。
ネットなどの写真では
背面は黒とグレーのツートンのように見えたので、
ちとダサいかなと思っていたのだが、
実機はグレーというよりはマットブラックで、
古い硯のような質感である。
思ったよりも高級感があり、
むしろモノリス風のこちらの方が私の好みに合う。
 
使い始めてみると、今度は逆にそれまでの4がひどく古臭いものに思えてきた。
以前書いたように、こころなしかスチームパンクなニュアンスが強調されてきたような感じなのだ。
 
さて、新しいガジェットを手に入れて多少浮かれていたのもここまでである。
いざ旧機種のバックアップから新機種に復元しようとすると、私の古いPowerMac G5ではできなかった。
Intelチップを積み最新のOSが必要であるらしい。
このままでは新機種を全く生かしきれないと悩んだ末、最新のMac Proに換えることにした。
 
使用中のMacは確かに古く色々問題が生じていたので、いずれは買い替える必要があったものの、
今年には全く新しい新世代のMacProが発売されるとの見通しがあったため、それまで待つつもりだった。
しかし背に腹は代えられない。
新世代機種を見越して今回は一番下のグレード、クアッドコアのMac Proを買った。
 
新しいマシンはSSDにも換装し完全64bit起動とも併せ、下位機種とはいえあらゆる動作が桁違いに速い。
もっと早くこれに換えておけば良かった。…と多少浮かれていたのもここまでである。
機種世代間の差が大きいためか、Adobe CSなどソフトの多くが正常に動かないのだ。
やむなくAdobe CS6のクラウドサービスにアップグレードした。
 
移行に伴う諸々の処理を一つずつ済ませて、やれやれと一息ついた。…と思ったのもここまでである。
これまでMac上で行ってきたFAXの送受信ができないことが判明した。
USBモデムが使えないためだが、旧機種をそのためにだけ運用するにはあまりにも嵩張る。
いまさらFAX器機を買うのもなんだし、レガシー技術をどんどん捨て去るAppleを呪っても仕方がない。
そこで、古い非力なMac Mini G4をヤフオクで安く落札した。これなら嵩張るまい。
Faxサーバとして現在絶賛稼働中である。
 
はじめはiPhoneを換えようと思っていただけなのに、マシン環境などを全部換えることになってしまった。
「風が吹けば〜」のように奇想天外に展開した訳ではないが、
坂道を転がり落ちるかの如く、次から次へ出費を伴う対策をとらなければならなかった。
結局儲かったのはどの局面でもAppleというオチである。
儲けている会社にさらに儲けさせるとは、私もなかなかお人好しよのうと自嘲するしかない。
なあに、この新しい環境で一儲けしてやる。…と思わずにはやってられない、くっそー。
 

この冬は目を細めてアレを読んでいます。2011/02/28

この冬は目を細めてアレを読んでいます。
以前使っていたコーヒーメーカーは、
今ひとつコーヒーの味が気に入らず、
人にやってしまったので、
更に以前使っていた古びたドリッパーを使って、
ペーパーフィルターでコーヒーを入れていた。
 
しかも、本来はティーポットだと思われる
白い陶器のポットにドリップして、
割ってしまったマグの代わりに、
もう10年も前に退役して棚の奥に眠っていた、
古びたマヤっぽいヘンテコな文様のマグを
引っ張りだして飲んでいたのだ。
 
しかし陶器のポットは中が見えない為に、
どのくらいドリップしたか分からないのが難点。
いつも勘で入れては濃度が不安定なものを飲んでいたのである。
そこでドリッパーとサーバーをガラス製のものに替えることにして、ネットであれこれ調べてみた。
 
よくあるフラスコ型のサーバーは気に入らないので
BODUM社のすっきりしたデザインのドリッパー・サーバーセットを見つけて早速注文して使い始める。
ゴールドトーンフィルターが付属しているが、
金属製フィルターはオイル分などがそのまま通る為、コクのあるコーヒーが楽しめる代わりに、
微粉末も通ってしまい、スモーキーと言えば聞こえはいいが、私には灰っぽくてどうも合わない。
 
ネルのドリッパーを手入れするほどマメじゃないので、取り敢えずペーパーフィルターでドリップする。
ここまで順調かと思いきや、このガラス製のサーバー、すっきりしすぎて目盛りが入っていないのである。
これでは最初の目的が完全には達成できないではないか。
 
仕方がないので、ついでにオリジナルプリントで目盛りを入れたマグに新調することにした。
サーバーの隣に目盛り入りマグを並べて量ろうという訳である。
時々利用するWEB入稿の印刷屋のポイントが貯まっているので、
ドットのみの目盛りと、申し訳程度に入れたロゴを配置しただけのデータを入稿、
届いた微妙な白色のカップに替えて、マヤマグは再び退役となった。
 
ところが、目盛りは確かに役に立つのだが、サーバーに直接プリントしてある場合と違い、
こちらの目線の高さを合わせないと正確に目盛りが読めないのである。
 
おなじみラッセルホブスのコーヒーポットを掲げて、腰をかがめて目盛りを見入る姿を家族に見られては、
「今日もグリーンのラインをよんでるの?」などと言われるが、計画が失敗だったとは認めたくないので、
「うん。軽くスライスだな」などとサムく返している。
 

老兵は死なず…いや、消えず死にゆくのみ。2010/07/08

老兵は死なず…いや、消えず死にゆくのみ。
やっとこさ携帯をiPhone4に替えた。
予想をはるかに超える品薄で、
予約初日の早い段階で予約完了したのに、
発売日には入手できず、
10日程過ぎて何とか、家族の分と2台確保したのだ。
 
ここでも書いた前の携帯の最後のヨレヨレぶりは、
筆舌に尽くし難いとも言うべき惨状であった。
 
機械にも魂があるのかも知れないと思ったのは、
何とか発売日まで持ってくれと、
引っぱりに引っ張った挙句、発売日に入手できないと、
急激に使い物にならなくなった事だ。
調子の良くなかった音声通話が一切使えなくなり、
緊張の糸が切れたかのようだった。
なんというか、ガックリと老け込んだといった印象である。
 
まあ、とにかくこれでお役御免、ゆっくり眠ってもらおう。
奇しくも「はやぶさ」の宇宙旅行と同じ年月を経ての退役であった。
 
さて、肝心のiPhone4であるが、アンテナ問題が特にアメリカでかなり取り沙汰されているようである。
しかし実際に使用してみた感じでは、持ち方による感度の低下はさほど深刻な問題とは思えなかった。
 
それにしても工業製品としての仕上がりは素晴らしい。工芸品とでも言うべき美しさで、
他の携帯電話やスマートフォンを、安物のオモチャに見せてしまうではないかというレベルである。
2枚の強化ガラスとステンレスで構成された筐体は、画像でみるより遥かに美しい。
余分な装飾は一切なく、機能美そのものと言っていいだろう。
しかもモダンでありながら、どことなくスチームパンクのテイストも感じられる。
机の上にポンと置いてあるとさりげなさ過ぎて意外と目立たないが、手に取ると凄みが伝わってくる。
まさに子供の頃に夢見ていた21世紀のガジェットとはこうあるべきだと思った。
 
機能、素材、デザインを高いレベルで統合し、具現化してみせてくれたのであるが、
その構造がアンテナ問題という落とし穴につながっていようとは、
曇りなく喝采を得たいと願ったであろうデザイナーや技術者には痛恨事だろう。
 
網膜の解像度の限界を超えるといわれる、液晶画面の「Retinaディスプレイ」は、
よくある携帯電話のサンプル製品の画面に貼ってある印刷物の写真のように緻密である。
確かに326ppiという解像度は、我々が通常扱う印刷物の画像の350dpiに数字上は概ね対応する。
(但し印刷はビットマップ画像部分での話で、テキストや図形などのベクトルデータ部分は1200dpi前後)
 
もっとも、私には網膜の限界以前に、水晶体の限界を超えてしまっているので、
まさに豚に真珠状態である。とほほ。
 
<< 2016/12
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

ノープラン、ノーコンセプトで綴る、
モノクローム・モノローグ。

最近のトラックバック

RSS