恐竜の末裔と100円でできる在庫一掃処分2015/12/17

朝、カラスの騒がしい声で
その日がゴミの日だと知らされる。
それが当たり前のようになってからずいぶんと経つ。
さすが恐竜の末裔中最高の知能の持ち主、
今日が何曜日かもご存知である。
しかし、ゴミの日を忘れないようにしてくれる
その代償として袋を破られてはかなわない。
散乱したゴミに全く気づかず
隣家の人に処理してもらったことも
一度や二度ではないのだ。
 
そこで遅まきながらカラス対策として
何らかの覆いを用意することにした。
よくあるカラス除けネットは
漁港に置いてある漁師の網が積んであるようで、
使っている時も収納している時も雑然としていて
美的にイマイチだと予々思っていた。
別に磯臭い訳でもないし、そもそも編み目が全く違うのだが街中の風景としてはややそぐわない。
しかもホームセンターで専用のものを買えばそれなりにするから余計気に入らない。
 
ならばとカゴを自作することにした。
大した代物ではないので、机に向かってメモも取らず頭の中でシミュレーションしてみる。
よく台所などに使う、フックなどをぶら下げる格子状のパネルを箱状に組めば良いのではないか。
金属製で白のビニールコーティングが施されているやつ。あれなら100円ショップで売っているはずだ。
さっそく近所のダ◯ソーに行ってみると手頃なパネルと蝶番状にできる連結具を発見。
これなら使わないときは折りたためるカゴが自作できる。
カラスには容易に突破できず、人には中のゴミが確認・取り出しできて文字通り一石二鳥、いや三鳥である。
底はいらないので5面、その他の小物を入れても数百円で済んだ。
買って帰って自作開始。蝶番部分の位置を微調整するも瞬く間に完成した。
回収員が見慣れないカゴに戸惑わないように開け口に矢印までつけると、あらもう売り物のよう。
 
次のゴミの日から使ってみるとなかなか具合がよく、これまでのところカラス被害は一度も起きてない。
一羽の力でスチールメッシュ製のフタを開けるのはさすがに不可能だと思われる。
何羽も集まり呼吸を合わせてフタを開けるなどというスゴ技を開発しない限り大丈夫だろう。
こりゃもうBinseiブランドで売り出すしかないな、とニマニマしているところだ。
 
さて、ここまで読んで何か違和感を感じた貴方は当ブログ読者としてなかなか鋭い。
何を隠そうこの文章は半年も前に書いてそのままアップせずに放置、ボツ直前だったのだ。
年の瀬も押し迫ったこの師走に全て吐き出そうと、在庫一掃処分の挙に出たのである。
まだまだ今年未発表ネタがあるのかないのか、
来年もブログを続ける気があるのかないのか、待たれよ次号!

晴れ男vs台風 戦いの行方やいかに。2014/10/09

晴れ男vs台風 戦いの行方やいかに。
夕べの赤い月は堪能しただろうか。
 
などとさりげなく書き出してみるが、
10ヶ月も放置しやがって何を抜かす。
あまりに久しぶりなので文体を忘れてしまった。
 
今年の春から町内会の体育委員を仰せつかっている。
体育委員と大仰に言っても、
この週末にある学区の運動会の仕切りが主な仕事だ。
 
運動会といえば去年の悪夢が蘇る。
年齢制限スウェーデンリレーに選ばれたことを
当日まですっかり失念していたのだ。
ただでさえ運動不足なのにも係らず、
事前のトレーニングも怠っていた為、
小学校のトラック半周がまともに走れない。
バトンを受けた直後は1人軽く抜いて調子に乗ったのも束の間、後半脚がぱったり止まり全く前に進まない。
正直転ぶかと思った刹那、そこは昔取った杵柄、腰で脚を前に出しなんとか凌いでリレーした。
前半「カッコいい!」後半「…あれ?」と家族にも目をそらされる始末であった。
 
今年はその教訓を生かして万全の体力で臨もうと思っていたが、よく考えると体育委員ではないか。
「出場種目コントロールできるんじゃね?」などと暗黒面に支配されそうになる。
もっともスウェーデンリレーは過酷だったのか今年は出場辞退が相次ぎ、我が町内は結局不参加に。
いずれにせよ体育委員となれば自分の出場種目は最低限に押さえておかなければならない。
当日欠場者が出た場合、代わりに体育委員が穴埋めで出なければならなくなるからである。
 
例年履いていたコンバースのスニーカーは、どちらかと言えば街歩きのファッションスニーカー仕様で、
グラウンドでの走りに向いていないので、今年はさすがにアディダスのランニングシューズを新調した。
例によってピカピカの新品は恥ずかしいので現在劣化作業中である。
 
しかし何と言っても今年の運動会の問題点は週末に列島を襲う台風の行方だろう。
「最強の」と今年何回も聞いて「全米が泣いた」くらいありふれた形容になっているが、
今回は本当に強力な台風らしく、それほど接近せずとも運動会の順延・中止くらいありそうである。
 
前日から行うテントの設営など安全面にも気を配らねばならぬし、
順延の場合、備品の準備・弁当や飲物の手配など対応しなければならないことが山積みなのだ。
 
さてさていかが相成りますことやら。
スマートな仕切りで競技の成績も優秀、有終の美を飾り絶賛を浴びるか、
グダグダの運営で町内から非難囂々となるのか、
はたまた最強の台風でテントごと空の彼方に吹き飛ばされてしまうのか。
 
その顛末はまたいずれ。さすがに今度は10ヶ月後とはならないだろう。
台風に飛ばされてなければ、だが。
 

残暑お見舞い申し上げます。2012/09/01

残暑お見舞い申し上げます。
多くのトラブルが続いたロンドンオリンピックも
日本選手の活躍もあって盛況のうちに終わり、
他の様々なイベントも終了。
いろんな意味で夏の終わりを感じるこの頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
と言いたいところだが、
私にはまだまだ夏は終わりそうもなかった。
 
というのも、スタジオのエアコンが全く効かないのだ。
もともと調子は良くなかったのだが、
8月の上旬から殆ど動作しなくなった。
 
なにぶん古いエアコンなので
修理するのも費用がかかるだろうし、
特殊な取り付けを余儀なくされるので、買い替えとなるとどのくらいの出費になるか。
あれこれ迷っているうちにどんどん日が過ぎていった。
 
希に思い出したように冷風を吹き出しても、
こちらがそれに合わせて窓を閉めたのを見計らったように停止する。
きっと誰かがこっそり覗いてリモコン操作しているに違いない。
 
室内は製作用のマシンやらストレージやら、プリントサーバーにでかい出力機と、
電気ストーブさながらの発熱源が揃っており、まるで我慢大会会場のごとき様相を呈しているのだ。
一日のタオルの消費量は凄まじく、洗濯物の量が倍増した。
冷房をガンガン効かして、汗もかかずにいるよりは多少健康的なのかもしれぬが、
室内でだらだら汗をかいているのが果してどれだけ体に良いのか分からん。
 
ところが、ここ数日外気温が若干下がったせいか、エアコンが少しずつ効くようになってきた。
気温が下がってから冷房が効くのでは全く意味がないではないか。
 
夏の終わりといえば、8月中にこのエントリーを上げるつもりでいたのだが、
最近睡眠不足だった所為か寝てしまい、痛恨にも8月の記事がゼロになってしまった。
一夜漬けで夏休みの宿題を片付けようとして失敗した小学生が、始業式の朝に焦っているがごときである。
 
親に手伝ってもらった宿題の工作が、とても小学生の出来映えとは思える仕上がりになるという御愛嬌も、
この時期の風物詩となっている感がある。
親の方がその気になってしまい、むしろ子供が手を出そうとすると、払いのける勢いだったりする。
むろん教師の方も、普段の力量を把握している為に全てお見通しなのだが、
おそらくは家族関係の良好さを確認する為の宿題なのではないか。
 
もちろん私のこのブログの更新を親が手伝ってくれるはずもなく、また全く意味がないのだが、
もし更新した記事がこれまでとは比べられないほど素晴らしい出来だったとすれば、
ははぁ、家族関係は良好なんだなと思ってください。
 

10000ボルトの人間発電機か、仏様か。2011/12/22

10000ボルトの人間発電機か、仏様か。
冬である。
当たり前だが寒いのである。
 
寒いのは仕方ないとしても、
静電気は何とかならんか。
若い時はそうでもなかったが、
この数年やたら我が身が静電気を発する。
服を脱ぐ度にパチパチと放電、さながら人間発電機。
暗闇で電光が走る。ま、そこはちょっとカッコいい。
 
服の素材の組み合わせでも起きやすいと聞く。
化繊のフリース、綿のシャツ、ヒートテック的な肌着、
そして本体。
この中の組み合わせのどれかが怪しいという事になる。
 
服を一枚脱ぐ度に「わ~パチパチ君だ~」と家族が逃げ回る始末だ。
空気の乾燥や服の素材の問題だけでなく、肌が乾燥していることも大きく影響していると思われる。
その所為か今年も異様に皮膚が痒く、掻き過ぎたために腕の一部が荒れてザリザリになっているのだ。
おかげでそれも加えられて「ザリパチ君だ~」に変えられてしまった。
 
それどころか、すっかり冬支度となった我が頭髪をちらりと見やりながら、
「ズルザリパチ君だ~」と、もう訳が分からん状態になってきた。
 
確かにこのところ加齢のせいか、肌の乾燥具合は相当ひどい。
10年前までは吸い付くような肌と言われていたのが嘘のようである。
皮脂の分泌が極端に減った為に肌の表面の水分の蒸発が止まらず、加速度的に乾燥していくのだ。
 
それにしても、この乾燥の仕方は加齢の事を差し引いても尋常でない。
生きながらミイラになっているのではないか。
 
もはや即身仏と言っていいだろう。
 
もちろん徳も何も積んでいない、少しもありがたくない仏様なのであるが。
家族が「ズルザリパチ君だ~」とか言って、キャーキャー逃げ回っているうちはまだマシかもしれない。
私に向かって「南無南無」拝み始めたらおしまいである。
 
ところで静電気と言えば、誰しもドアノブでの感電の経験があるはずだ。
私など一旦ドアノブを勢いよく叩いて、その痛みで誤摩化す本末転倒な解決方法をとったりしている。
「歯の痛みを忘れる為に目を針で刺す」漫才ネタの様な事をやっている限り、即身仏まではまだまだ遠い。
 

手加減無しとはまさにこの事か。2011/03/18

手加減無しとはまさにこの事か。
国難というべき事態となっても
花粉症は手加減してはくれない。
 
今年は昨年の10倍の飛散量とかで、
確かに10年前から症状が出始めて以来、
最悪というほどのひどいアレルギーである。
 
朝、まぶたが開けられない日が続き、
目は腫れ上がり、しわくちゃになって
あたかも映画の特殊メイクを施したように、
完全に人相が変わってしまっているのだ。
 
家族からは「誰?」とか言われている始末である。
ブサイク100万点どころではない。
自分でもあまりの不細工さに、
「おお!これ以上、不細工に成り様があったんだな」「下には下があるもんだ」
「これだけ不細工になる余地があるんなら、元の器量も捨てたもんじゃなかったんじゃないか」
「意外とイケメンなんじゃね?」などと調子のいい事を言っている。
 
だが、そんな軽口をたたいている場合ではない。目の痒みは極限まできているのだ。
掻きすぎて、痛いどころか目の縁が切れそうである。
市販の目薬は花粉症・アレルギー用と銘打ってはいるものの、気休め程度にしかならない。
はっきり言って全然効かない。眼に付いた花粉を洗い流してくれる役目しか果たしてないだろう。
 
仕方がないので今日は近所の診療所の眼科に行ってきた。
さっそく目薬をさしてみると、なるほど流石に医師が処方しただけあって痒みはかなり改善してきた。
後はこの特殊メイクが剥がれ落ち、元の「イケメン」に戻ってくれると有り難い。
 
ところで、花粉怖さに外出を控えてばかりもいられないので、花粉除けのゴーグルを付けているのだが、
これが間に合わせとしてそこらの薬局で買った、透明な何の変哲も無いやつである。
どうせなら気の利いたゴーグルが欲しいのだが、
街やネットで見かけるのは厳ついデザインのものばかりで、どうももうひとつ気に入らない。
 
いっそ昔の飛行機乗りのゴーグル風なのも面白いとは思うが、ちと狙い過ぎだろう。
目立ってしまって、影から影、闇から闇への行動スタイルにそぐわない。
変人と思われるのは一向に構わんが、職務質問にあうのは勘弁してほしいところ。
 
待てよ、特殊メイクを施しついでだ、やっちまうか。
例え通報されても、花粉飛散時期が終われば顔が元に戻って身元が分からないという仕掛けでどうだ。
 
<< 2015/12 >>
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

このブログについて

ノープラン、ノーコンセプトで綴る、
モノクローム・モノローグ。

最近のトラックバック

RSS