風が吹けば誰かさんが儲かる。2013/02/23

風が吹けば誰かさんが儲かる。
始まりはiPhoneである。
家族が3年前に私と一緒に買ったiPhone4を落として、
裏面のガラスが割れてしまったのだ。
透明のケースに入れていたのだが、
逆にそれが全体に強い圧力になったのかも知れない。
 
2年過ぎているし、それならついでにと
私も一緒に新しいiPhone5に換えることにした。
ネットなどの写真では
背面は黒とグレーのツートンのように見えたので、
ちとダサいかなと思っていたのだが、
実機はグレーというよりはマットブラックで、
古い硯のような質感である。
思ったよりも高級感があり、
むしろモノリス風のこちらの方が私の好みに合う。
 
使い始めてみると、今度は逆にそれまでの4がひどく古臭いものに思えてきた。
以前書いたように、こころなしかスチームパンクなニュアンスが強調されてきたような感じなのだ。
 
さて、新しいガジェットを手に入れて多少浮かれていたのもここまでである。
いざ旧機種のバックアップから新機種に復元しようとすると、私の古いPowerMac G5ではできなかった。
Intelチップを積み最新のOSが必要であるらしい。
このままでは新機種を全く生かしきれないと悩んだ末、最新のMac Proに換えることにした。
 
使用中のMacは確かに古く色々問題が生じていたので、いずれは買い替える必要があったものの、
今年には全く新しい新世代のMacProが発売されるとの見通しがあったため、それまで待つつもりだった。
しかし背に腹は代えられない。
新世代機種を見越して今回は一番下のグレード、クアッドコアのMac Proを買った。
 
新しいマシンはSSDにも換装し完全64bit起動とも併せ、下位機種とはいえあらゆる動作が桁違いに速い。
もっと早くこれに換えておけば良かった。…と多少浮かれていたのもここまでである。
機種世代間の差が大きいためか、Adobe CSなどソフトの多くが正常に動かないのだ。
やむなくAdobe CS6のクラウドサービスにアップグレードした。
 
移行に伴う諸々の処理を一つずつ済ませて、やれやれと一息ついた。…と思ったのもここまでである。
これまでMac上で行ってきたFAXの送受信ができないことが判明した。
USBモデムが使えないためだが、旧機種をそのためにだけ運用するにはあまりにも嵩張る。
いまさらFAX器機を買うのもなんだし、レガシー技術をどんどん捨て去るAppleを呪っても仕方がない。
そこで、古い非力なMac Mini G4をヤフオクで安く落札した。これなら嵩張るまい。
Faxサーバとして現在絶賛稼働中である。
 
はじめはiPhoneを換えようと思っていただけなのに、マシン環境などを全部換えることになってしまった。
「風が吹けば〜」のように奇想天外に展開した訳ではないが、
坂道を転がり落ちるかの如く、次から次へ出費を伴う対策をとらなければならなかった。
結局儲かったのはどの局面でもAppleというオチである。
儲けている会社にさらに儲けさせるとは、私もなかなかお人好しよのうと自嘲するしかない。
なあに、この新しい環境で一儲けしてやる。…と思わずにはやってられない、くっそー。
 

平凡と非凡の狭間で惑う裁判官。2011/12/30

平凡と非凡の狭間で惑う裁判官。
先日、TEDでのスピーチでも有名な
デレク・シヴァーズの文章を目にする機会があった。
「あなたには当たり前の事が他人には驚くべき事だ」
と題された文章である。
 
あるクリエイターが革新的で素晴らしいものを作る。
その考え方は思いもよらないもので、
誰しも自分の考え方は普通でありふれている、
それだけの創造力が無いんだろう、と思いがちだ。
 
しかし、ある時に他人から驚きとともに言われる。
「そんな考え、どうやって思いついたんだ?」
 
また、ある売れっ子ミュージシャンは、
一番のヒット曲は発売するまで
録音する価値も無いと思っていたらしい。
みんな自分の考えはありふれたものだと思っているのだ。
 
つまり、自分の発想は自分にとっては当たり前のことで、何も特別な事は無いのだが、
他人にとっては、全く違う個性・世界観から発想されたものなので、斬新で新鮮なのであろう。
 
そういえば、とりたてて凄いとも思わなかった仕事を、クライアントから絶賛された事があった。
神の仕事のごとく言われたので、狐につままれたような気持ちになったのであるが、
我々は自分自身の創作物に対しては、一番腕の悪い裁判官だと彼が指摘した通りなのかもしれない。
だからこそ、創作物は広く公開して他者の評価を受けるべきであると。
 
実はもう10年も前から構想だけはある、いくつかのアイデアがある。
日常の忙しさにかまけていただけでなく、上記のような自分自身の評価ゆえの疑念もあって
プロットからひとつも進んでいないプロジェクトを、少しずつ具体的なものにしてみようと思う。
 
いずれにしても長い時間がかかるし、また公開するまで本当に非凡なものかどうかは判らないが、
生きているうちに全ての能力を吐き出さなければ、後悔する事は間違いない。
 
公開しなければ後悔するという、ベタすぎるオチではいくらなんでもあんまりだな。
誰が見ても非凡なものが何一つ無い。
デレク、どうやらあんたの買いかぶりだったようだ。
 
今年の更新はこれが最後である。社会的には激動の一年、私には生涯最速で過ぎた一年であった。
ろくに更新出来なかったが、来年はもう少し頑張ろうか、いや頑張ります。
皆様よいお年を。
 

黴に埋もれていた、超一流と三流の越えられぬ壁。2011/11/29

黴に埋もれていた、超一流と三流の越えられぬ壁。
閑静な高級住宅街を静かに走る一台のベンツ。
「今日は楽しかったわ。」
と助手席の女が話しかけた。
何処かのお嬢様らしいノーブルな美人で、
シックな一流のファッションともあいまって、
かなりの上流の出身を窺わせる。
運転席の若い男は前を見据えながら、
「ビッグバンドのジャズもいいよね。
 オペラとどちらにしようか迷ったんだけど。」
端正な顔立ちの美男だが何処か世慣れた感じもみえる。
「あら、それなら私、
 ジャズよりオペラの方が良かったかな。」
男は意外そうに横目で女を見やりながら
「でも君のお父様はジャズ好きで有名じゃない?
 同じ財閥の人達にも好きな人多いって聞くよ。」
「え?あ、ああ、父は父よ。」
女が少し慌てて言ったあと、やや気まずい沈黙が流れた。
「すっかり暗くなったね。今日は君の家まで送るよ」
女はギクリとしたように、
「い、いえ、いつものように近くで降ろしてくれればいいわ」
「いや、今日は送らせてよ。高級住宅街といっても夜は危ないよ。できればご両親にもごあいさつを…」
女は急に狼狽えだした。
「だめ、だめ。…まだ…そんな関係じゃないし…。ああ、そこで停めてちょうだい。」
「ええ?こんなところで?」車を停めさせたところは家並みから離れた公園の前だった。
 
女はしばらく俯いてなにか逡巡しているようだったが、意を決したように若い男の方に向き直り、
「私、本当はお金持ちのお嬢様なんかじゃないのよ。家はもっと下町の普通のマンション。あなたに嫌われたくなくて嘘をついてたの。」
「…何だって?」男の表情が一変した。
「嘘をついていたのはごめんなさい。でも家の事なんか関係ないわよね。」
「降りろ。」しばらく無言でいたが、男は冷たく言い放った。
「……。」女は男の冷酷な口調に激しく動揺していた。
「降りろ!ふざけるな!金持ちだからわがままの相手をしてやったきたんだ。貧乏人の娘なんかいらないんだよ、金輪際俺の前に顔を出すな!」
「ごめんなさい、ごめんなさい。お願いだから捨てないで、あなたのことが好きなのよ。」
女は泣きじゃくっていた。
「降りろ!」
若い男は強引に女を車から降ろし、乱暴にタイヤを軋ませながら発進していった。
 
女が呆然と立ち尽くしていると、待っていたかのように後ろから大型の黒塗りの車が近づいてきた。
「お嬢様。」と車から降りてきた細身の紳士が話しかける。
「やはりお父様のおっしゃった通り、一芝居うって確かめた甲斐がございましたでしょう。」
さらに慇懃な様子で続ける。
「所詮あの程度の男だったのです。さ、お屋敷にお戻りくださいませ、お母様がお待ちです。」
更に山の手の邸宅に戻る車の中で、女はもう泣いていなかった。
 
若い男はしばらくベンツを走らせた後、住宅街のはずれの駐車場に停めた。
程なくすると、今度は恰幅のいい紳士が乗り込んできた。
男が苦笑いしながら饒舌に喋りだす。
「最後までなかなかの名演技だったでしょう?しかし今までお嬢様の相手は大変でしたよ。」
そう言うと端正な顔立ちを下品に崩しながら、更にあれこれ苦心した話を始めた。
紳士はしばらく男の話を聞いていたが、深くため息をついて、
「長い間ご苦労だったな。だがこうやって娘に悪い虫がつかんよう教育する親の身にもなってほしいね。」
そう言った後、車を降りながら男に声をかけた。
「そうそう、報酬は君の口座に振り込んでおいたからね。」
 

 
さて、突然何の話を始めたのかと思われただろう。
これは遥か昔、私が今の仕事を始めてまもない頃に「お嬢様の嘘」というタイトルで書いた、
何らかの紙媒体に掲載されたものとしては唯一のショートショートである。
 
当時ひょんな事から、月刊4ページのミニコミ新聞のデザインと編集までをやらされていた。
ところがある号で1面の記事に穴があいてしまい、私が文章を書いて埋めなければならなくなったのである。
締切が迫っており、しかたなく近所の終夜営業していたミスタードーナッツにこもって、
夜中2~3時間ほどかけて上記の作品を書いた。
当時お嬢様ブームなるものがあり、4月号ということでエイプリルフールにかけてこのタイトルにしたのだ。
 
突っ込みどころは多いと思うが、なにしろ僅かな時間でプロットから推敲までやっているので仕方がない。
その後挿絵も描かねばならず、私にはこれが限界であった。
ひとつ気になるのは、中高生の頃に星新一の作品は殆ど読んでいたので、
剽窃は行なっていないが、もしかすると知らず知らず何れかと似た作品になったかもしれない事だ。
むろん超一流と三流の壁はどうしようもない。それでも当時は穴埋めとしては上出来と自賛していたのだ。
 
先日この文章を発掘したので、古くてカビ臭いとは思ったが、せっかくだからここに記録として掲載した。
べ、別にネタが無くて困っていたところを、これ幸いと載せた訳じゃありませんからね!
 

鉛筆達への賛美歌か、鎮魂歌か。2010/07/18

鉛筆達への賛美歌か、鎮魂歌か。
先日のニュースサイトの記事によると、
宮崎駿氏がスタジオジブリの小冊子の特集記事で、
「iPadを操作する手つきは自慰行為のようだ」
と発言されているらしい。
 
原文を読んだ訳ではないが、そんな事を言い出せば、
たいていのことは同じように言えてしまいそうだが、
テクノフォビアとの評もある氏らしい発言ではある。
 
誤解のないように書くと、氏の発言の本来の趣旨は、
自身には紙と鉛筆さえあればよく、
単なる消費者になるのではなく、生産する者になれ、
ということのようだ。
 
むろん、iPad等のいわゆる情報端末に、
のめり込む事の危うさを指摘しているのは、Newsweekなども含め、なにも氏ばかりではない。
また、iPadでは生産的なことが何もできないという考えは、いささか氏の偏見が大きいと思うが、
気持ちは分からぬでもない。
先端技術を詰め込んだ製品を所有し使っているだけで、
あたかも自分自身が高みに登ったかのように感じるのは、確かに愚かなことだと言えるだろう。
 
ここで、或る古いSFの短編を思い出すのは私だけではないはずだ。
この作品の主人公は、ほぼ全ての若者がパスする生涯に一度の適性試験に落ち、
そのために最先端のシステムによる自動職業訓練を受けられなかった。
同級生はみんなそのシステムのプログラムを受け、誇らしげにそれぞれの適性に応じた職業に就いていた。
主人公はと言えば、図書館と庭がある療養所のような施設で、先端技術とは無縁で暮すことになる。
元々成績の悪くなかった彼はドロップアウトしたことに耐えきれず、そこを飛びだしてしまうのだが、
実は彼らは別の適性試験にパスし、創造力を発揮すべく配置された類い稀な才能だったという話である。
 
先端のテクノロジーと言えど、機械が自動的に生み出しているのではなく、
それも人間の創造力の賜物であることを忘れてはなるまい。
 
私もデジタル化の波が押し寄せる前は、烏口やロットリングなどのペンで紙の上にデザインしていたのだ。
二十年近く前、DTPによる大きな変革が訪れ、対応できない人はことごとく転職せざるをえなくなった。
だがどれだけ技術革新が進もうとも、物事の本質は変わらない。最先端のIT機器であれ道具は道具である。
低い脚立に立つか、高い脚立に昇るか、あるいはそこから羽ばたくのか、要は人間次第ではないか。
 
ところで、上で或る古いSFなどと態とぼかしたように書いているが、
実は作者とタイトルがどうしても思い出せなかったのだ。
確か外国の有名作家の作品だったと思うが、なにぶん若い時に乱読したものの一つなので、
この錆び付いた脳の検索機能ではリストアップされないのである。
やはり私には、どう言われようと情報機器が欠かせないのか。…というオチにしようと思ったが、
何度もやりすぎたパターンだという事にはかろうじて気がついた。回数は思い出せないがね。
 

スパゲティ収穫のネタはよくできていたと思う。2009/04/01

スパゲティ収穫のネタはよくできていたと思う。
気のきいたエイプリルフールのネタを
思いつかなかったので、
全然違う話をする。
 
普段はスタジオに張り付いて、
朝から夜にかけてほぼ連絡がつくのだが、
先週たまたま連絡がつかず、
取引先の会社の女史が携帯に電話してきた。
 
仕方がないので、
「WBCを観ていた」と適当なことを言うと、
「え〜〜!」と非難するような声の後、
「勝ちましたね」と、ぼそり。
どうやらワンセグで密かに観ていたらしい。
 
最近では仕事上の連絡はメールで行うことが多く、どうも味気ない。
かといって、電話でなら叩ける軽口も、メールでやると、かなりふざけたものになってしまう。
 
むろん昨今では誰しも業務上であれ、プライベートであれ、この二つを使い分けているだろう。
だが、どんな内容でもリアクションが瞬時にニュアンスまで含めて伝わる電話は、やはり捨てがたい。
 
今更な話だが、テキストでのやり取りは、些細なタイピングミスからでさえも誤解を招きかねない。
相手に真意が伝わらぬ時に、即座に正す事ができないのは、大きな難点である。
笑える誤変換もあれば、笑えないものもあり、また相手の教養まで読み取れてしまうこともある。
 
このブログもテキストである。私の教養レベルはとうの昔にバレている事だろう。
ブログとはそう言うものかもしれぬ。
また自らの身の丈以上のものを書こうとすれば、いきおい借り物の文章の羅列になってしまうに違いない。
 
などとぼんやり考えていたら、先ほどの女史から仕事の訂正依頼のメール。
箇条書きで訂正箇所を指示した後、こう書かれていた。
 
訂正お願いします(ファックも送ります)
 
なにー!送ってくれるのか?
 
<< 2013/02 >>
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

このブログについて

ノープラン、ノーコンセプトで綴る、
モノクローム・モノローグ。

最近のトラックバック

RSS