風が、いや風邪をひけば医者が儲かる。捻りなし。2013/11/18

風が、いや風邪をひけば医者が儲かる。捻りなし。
この1ヶ月、体調を大きく崩した。
10年分くらい病院に通ったような感じである。
 
鬼の霍乱とも言うべき珍しい事態だが、
幸いにも全て重篤という程ではないのが救いである。
 
最初、喉に違和感を感じたのが1ヶ月半程前のこと。
しばらくして咳が止まらなくなった。
痰がからむような重い咳が絶え間なく出る。
もともとあまり咳をしない人間のため、
さすがに数日続くと不審に思い、
少し前に家族が行った近くの呼吸器内科に駆け込んだ。
 
診断結果は家族同様「咳喘息」。
この季節、我々の年齢には多いと聞く。
でかいヨーヨーのような吸引型の薬と内服薬を処方してもらった。治るのに1〜2ヶ月は要するらしい。
 
やれやれ、しばらくはこの治療かとうんざりしていたのも束の間、数日後に39℃超えの発熱である。
朦朧と打合せする私に、何らかの感染の危機を感じたか、遠巻きに見る取引先の人の目が忘れられない。
インフルエンザを疑い件の内科に駆け込むと、インフルエンザではないが風邪を酷く拗らせているとの事。
これまた先の薬との同時服用が問題ない事を確認して、抗生物質一式を処方してもらった。
さすがに抗生物質の効き目よろしく、瞬く間にこちらの方は改善。
とりあえず目出たし目立たし。
 
と思いきや、今度は鼻が全く利かなくなったのである。
風邪が治った後、妙に鼻声が続くと思ったら、ある時、料理の味が全く分からない事に気がついた。
何を食べても何の味もしない。言われれば僅かの甘みと塩味を感じる程度である。
どうやら匂いを全く感じなくなったようだ。強い刺激臭のある薬品を嗅いでも全く匂わない。
食べ物の味に関しては嗅覚が8割ぐらい関与しているのではないか。
これは通常の風邪の症状どころではない。家族の経験話を聞いて、今度は耳鼻咽喉科へ。
 
診断結果は案の定「急性副鼻腔炎」。要するに急性蓄膿症である。
レントゲンに写った額のあたりの副鼻腔がハート形なのを可愛いと思う余裕も無く、
またまた抗生物質一式と、今度は日焼け止めの容器のような点鼻薬を処方してもらう。
こちらは瞬く間に改善とは行かず、未だに嗅覚は戻らない。
よく味気のない食事を「砂を噛むような」というが、
実際味を全く感じないと、温かくて舌触りが良いだけで、不味いという感じが全くしない。
むしろ悪くない印象の方が強くなるのは不思議である。
 
いつもスタジオにマグカップいっぱいのコーヒーを持ち込んでいるのだが、
今なら味は全く分からないのだからと、砂糖をお湯で溶かしたものに替えたのは、
いくら何でも合理的すぎると家族に呆れられた。
まてよ、そういや普段コーヒーに砂糖は入れないんだった。
白湯で良かったのだ。私の合理主義もまだまだだな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://binsei.asablo.jp/blog/2013/11/18/7059762/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

<< 2013/11 >>
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログについて

ノープラン、ノーコンセプトで綴る、
モノクローム・モノローグ。

最近のトラックバック

RSS