私は、どちらかというと縄文系です。2013/12/31

私は、どちらかというと縄文系です。
ア~ガ~ マエバ~~ァアァ~~ァアァ~
クァシメ~ ヨイニケリ
 
いきなり失礼。
懐かしいなあと思いつつ
作業用BGMとして最近よく聞いているのが、
「Ghost in the Shell(攻殻機動隊)」の
「Ghost City」などの和風というか
アジアンテイストなアレンジの楽曲である。
 
当時の攻殻機動隊(劇場版)の海外での高評価も、
こういった音楽が一役買っていたのではないか。
その数年前に制作された
「AKIRA 」も海外での評価が高い。
これも芸能山城組の曲など、
和風テイストの曲が使われていたのを懐かしく思い出した。
「AKIRA」といえば2020年の東京オリンピックを予言していたと話題になったりもしたな、
と一応今年を振り返ってみる。
 
閑話休題。(どっちも閑話だが)
そういう気分を反映して「神々の詩」など「姫神」もよく聞いている。
昔テレビのドキュメンタリー番組のテーマ曲に使われたので、懐かしく思われる方も多いだろう。
 
歌詞の古語や縄文語とされる言葉がどの程度正確か分からぬが、
独特の発声・合唱スタイルと相まって、懐かしいような、異世界に迷い込んだような感覚を覚える。
 
この懐かしいような感覚はどこからくるのだろうか。
なにしろその昔初めて聴いた時ですら懐かしい感じがしたのだから、曲の記憶によるものではない。
童謡や民謡等にも共通する何らかの音楽的ファクターがあるのだろう。
まさか民族の遺伝子に刻まれている訳ではあるまい。
そういえば、日本の民謡や演歌などをアフリカ人に聴かせてもかなり共感を得るらしい。
民族をも超えた人類共通の、音楽というものの核ともいえる部分が含まれているのかもしれない。
しばらくこのマイブームは続きそうである。懐かしさついでに喜太郎なども聴いてみようか。
 
実は上記のような音楽の他にもう1つ嵌っている音楽があるのだが、
これはおそらく、お前がそれ聴くの?と意表をつくと思われ、ちと恥ずかしいので明らかにしない。
あ、アルファベット3文字+数字とかのあっち方面ではない、念のため。
 
個人的にはネガティブなことが多かった今年も、あっという間に過ぎ去りとうとう大晦日。
最も更新できなかった年であったが、来年もよろしく。
 
アバ ナガ ビンセイ
アバ クロキ コロモボ コノミブム
 
(「謡Ⅱ -Ghost City-」作詞 川井憲次)
(「神々の詩」作詞 星吉昭)

風が、いや風邪をひけば医者が儲かる。捻りなし。2013/11/18

風が、いや風邪をひけば医者が儲かる。捻りなし。
この1ヶ月、体調を大きく崩した。
10年分くらい病院に通ったような感じである。
 
鬼の霍乱とも言うべき珍しい事態だが、
幸いにも全て重篤という程ではないのが救いである。
 
最初、喉に違和感を感じたのが1ヶ月半程前のこと。
しばらくして咳が止まらなくなった。
痰がからむような重い咳が絶え間なく出る。
もともとあまり咳をしない人間のため、
さすがに数日続くと不審に思い、
少し前に家族が行った近くの呼吸器内科に駆け込んだ。
 
診断結果は家族同様「咳喘息」。
この季節、我々の年齢には多いと聞く。
でかいヨーヨーのような吸引型の薬と内服薬を処方してもらった。治るのに1〜2ヶ月は要するらしい。
 
やれやれ、しばらくはこの治療かとうんざりしていたのも束の間、数日後に39℃超えの発熱である。
朦朧と打合せする私に、何らかの感染の危機を感じたか、遠巻きに見る取引先の人の目が忘れられない。
インフルエンザを疑い件の内科に駆け込むと、インフルエンザではないが風邪を酷く拗らせているとの事。
これまた先の薬との同時服用が問題ない事を確認して、抗生物質一式を処方してもらった。
さすがに抗生物質の効き目よろしく、瞬く間にこちらの方は改善。
とりあえず目出たし目立たし。
 
と思いきや、今度は鼻が全く利かなくなったのである。
風邪が治った後、妙に鼻声が続くと思ったら、ある時、料理の味が全く分からない事に気がついた。
何を食べても何の味もしない。言われれば僅かの甘みと塩味を感じる程度である。
どうやら匂いを全く感じなくなったようだ。強い刺激臭のある薬品を嗅いでも全く匂わない。
食べ物の味に関しては嗅覚が8割ぐらい関与しているのではないか。
これは通常の風邪の症状どころではない。家族の経験話を聞いて、今度は耳鼻咽喉科へ。
 
診断結果は案の定「急性副鼻腔炎」。要するに急性蓄膿症である。
レントゲンに写った額のあたりの副鼻腔がハート形なのを可愛いと思う余裕も無く、
またまた抗生物質一式と、今度は日焼け止めの容器のような点鼻薬を処方してもらう。
こちらは瞬く間に改善とは行かず、未だに嗅覚は戻らない。
よく味気のない食事を「砂を噛むような」というが、
実際味を全く感じないと、温かくて舌触りが良いだけで、不味いという感じが全くしない。
むしろ悪くない印象の方が強くなるのは不思議である。
 
いつもスタジオにマグカップいっぱいのコーヒーを持ち込んでいるのだが、
今なら味は全く分からないのだからと、砂糖をお湯で溶かしたものに替えたのは、
いくら何でも合理的すぎると家族に呆れられた。
まてよ、そういや普段コーヒーに砂糖は入れないんだった。
白湯で良かったのだ。私の合理主義もまだまだだな。

まだ星になった訳ではありません。2013/08/10

まだ星になった訳ではありません。
死亡説が出ているとウワサの当ブログにようこそ。
よくぞブックマークを消さずにおいでで。
 
まあ、社会的にはどうだか知らんが、
生物学的には間違いなく生存している。
リフレッシュしてきたおかげで元気そのもの、
薮でやけど虫にヤられた腕が痒いぐらいだ。
 
という訳で、仕事の締切もギリギリだというのに、
8日間の休みをとって田舎に行ってきた。
 
田舎という言い回しにしたのは、本当に田舎だからだ。
コンビニが無いとか、気の利いたカフェが無いとか、
田畑や山ばかりだとか、人がいないとか、
そんなことが田舎の基準ではない。
 
「携帯が繋がらない」 これである。
 
もちろん、docomoやauはバリバリ繋がる。softbankだけアンテナがピクリともしない。
よくもまあ、繋がりやすくなりましたなどと大口を叩けたもんだ。
もっともそのおかげで電話やメールに煩わされることもなく、夏休みを満喫できたのではあるが。
 
連日通った、プライベートビーチのような可愛らしい砂浜の波打ち際でパシャパシャやっていると、
おそらく夏休み中毎日ここで遊んでいると思われる、地元の少女に声をかけられた。
自分の泳ぎを見てくれとか、学校のプールは海水だとか、聞いていないことも人なつこく話してくる。
長い間海に浸かっていたためか唇がプルプル震えているのだが、
それでも「ちょっとうまくしゃべられないけど」などと言いながら話し続ける。
少し休んだらどうだと思いながら、ああ自分もそうだったかななどと己の少年時代に思いを馳せた。
 
ところで前にも書いたと思うが、最近の田舎の子どもは野山を駆け回って遊んだりはしないらしい。
藪の中に入るのを嫌がり、虫を怖がり、野山の果実を口にするなど何の興味も無いという。
キャンプや体験イベントなどで、積極的に自然に親しんでいる都会の子どもの方がよほど逞しそうである。
そういえば海以外で全く子どもを見かけなかった。携帯も碌に繋がらない家の中で何をしているのだろう。
件の天真爛漫な少女なら自然の中を駆け回っていそうだが、それとてこちらの勝手な思い込みに過ぎない。
 
こんなことを言っている私も、やけど虫の毒素にヤられた腕の痒みとミミズ腫れがひかず、
今日、診療所でステロイド剤の入った塗り薬をもらってきたばかりだ。
やっぱりもう自然の中には出ないで涼しく快適な部屋で夏中過ごすか、と手のひらを返してみる。
かつての少年も老いたということだな。
生まれつきオッサンの私に少年時代があったらの話だが。(家族談)
 

マシンガン・ダンディは付け髭だった2013/04/01

私はヒゲを生やしている。
鼻の下、いわゆる口髭というやつだ。
19歳の頃からだからかれこれウン十年にもなる。
 
経験のある方もおられるだろう、
男がヒゲを伸ばすきっかけというのは、
それほど大したことではない。
大抵は少し無精髭が伸びた時に、
気まぐれでそのまま伸ばすという場合が多いのである。
 
私の場合もご多分に漏れずそのクチなのだが、
生やしていない他人から見ると、
明確な意図を持って、オシャレしようと
色気を出していると思われるようである。
 
知人に「ダンディー」とか「男前」等と時折言われたりするのもそのためであろう。
長年の経験から考察すると、どうも口髭を生やしている場合はダンディー、
顎髭を生やしている場合はイケメンと言われるのではないか。
 
時々「なぜヒゲを伸ばしているのですか」と聞かれる。
ヒゲは放っておけば自然に伸びるので、剃るのに理由はいるかも知れないが伸ばすのに理由はいらない。
と言いたいところだが、こういうもの言いは人を不快にし、面倒くさいやつだと思われるので、
多少なりとも空気の読める私は現実には言わず、「なんとなくですよ」などと適当に答えている。
 
さて、そのダンディーなヒゲも寄る年波には勝てず、白髪が交じってきた。
エラいもので、頭髪に白髪が交じるよりヒゲに白髪がある方が、爺さん度が一挙に増すのである。
これはマズいと髪染めで染めてみるのだが、
経験のある方はお分かりと思う、ヒゲは頭髪より遥かに染まりにくいのである。
染まらないのでは意味がない。それならと強力に染めてみると黒々としすぎてしまい、
家族に「フレディー・マーキュリーか」と突っ込まれる始末である。
 
いっそ剃ってみてはどうかとあちこちで言われる。
しかし長年伸ばしていると愛着というか妙な執着もあり、その気になかなかなれない。
古い友人の中にはヒゲを私の愛称にしている者もいるのだ。
 
このヒゲのおかげで人に顔を覚えてもらえるし、今となってはトレードマークになっているので、
家族にフレディーと呼ばれようが生涯このままでいこうと思っている。
 
街で私を見かけた時は「ダンディー!」か「フレディ!」と声をかけてくれ。
「ダンディ」なら口笛を、「フレディ」ならタンクトップにタイツ姿をご披露しよう。…え!?
 

風が吹けば誰かさんが儲かる。2013/02/23

風が吹けば誰かさんが儲かる。
始まりはiPhoneである。
家族が3年前に私と一緒に買ったiPhone4を落として、
裏面のガラスが割れてしまったのだ。
透明のケースに入れていたのだが、
逆にそれが全体に強い圧力になったのかも知れない。
 
2年過ぎているし、それならついでにと
私も一緒に新しいiPhone5に換えることにした。
ネットなどの写真では
背面は黒とグレーのツートンのように見えたので、
ちとダサいかなと思っていたのだが、
実機はグレーというよりはマットブラックで、
古い硯のような質感である。
思ったよりも高級感があり、
むしろモノリス風のこちらの方が私の好みに合う。
 
使い始めてみると、今度は逆にそれまでの4がひどく古臭いものに思えてきた。
以前書いたように、こころなしかスチームパンクなニュアンスが強調されてきたような感じなのだ。
 
さて、新しいガジェットを手に入れて多少浮かれていたのもここまでである。
いざ旧機種のバックアップから新機種に復元しようとすると、私の古いPowerMac G5ではできなかった。
Intelチップを積み最新のOSが必要であるらしい。
このままでは新機種を全く生かしきれないと悩んだ末、最新のMac Proに換えることにした。
 
使用中のMacは確かに古く色々問題が生じていたので、いずれは買い替える必要があったものの、
今年には全く新しい新世代のMacProが発売されるとの見通しがあったため、それまで待つつもりだった。
しかし背に腹は代えられない。
新世代機種を見越して今回は一番下のグレード、クアッドコアのMac Proを買った。
 
新しいマシンはSSDにも換装し完全64bit起動とも併せ、下位機種とはいえあらゆる動作が桁違いに速い。
もっと早くこれに換えておけば良かった。…と多少浮かれていたのもここまでである。
機種世代間の差が大きいためか、Adobe CSなどソフトの多くが正常に動かないのだ。
やむなくAdobe CS6のクラウドサービスにアップグレードした。
 
移行に伴う諸々の処理を一つずつ済ませて、やれやれと一息ついた。…と思ったのもここまでである。
これまでMac上で行ってきたFAXの送受信ができないことが判明した。
USBモデムが使えないためだが、旧機種をそのためにだけ運用するにはあまりにも嵩張る。
いまさらFAX器機を買うのもなんだし、レガシー技術をどんどん捨て去るAppleを呪っても仕方がない。
そこで、古い非力なMac Mini G4をヤフオクで安く落札した。これなら嵩張るまい。
Faxサーバとして現在絶賛稼働中である。
 
はじめはiPhoneを換えようと思っていただけなのに、マシン環境などを全部換えることになってしまった。
「風が吹けば〜」のように奇想天外に展開した訳ではないが、
坂道を転がり落ちるかの如く、次から次へ出費を伴う対策をとらなければならなかった。
結局儲かったのはどの局面でもAppleというオチである。
儲けている会社にさらに儲けさせるとは、私もなかなかお人好しよのうと自嘲するしかない。
なあに、この新しい環境で一儲けしてやる。…と思わずにはやってられない、くっそー。
 
<< 2017/12
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

このブログについて

ノープラン、ノーコンセプトで綴る、
モノクローム・モノローグ。

最近のトラックバック

RSS