時には耳を塞ぎたくなる事がありませんか。2009/08/20

時には耳を塞ぎたくなる事がありませんか。
夏休みをとって遠出したのだが、
やはり地方、特に田舎の蝉は全然違う。
 
一番の違いは何と言ってもミンミンゼミだろう。
街中ではまず鳴き声を聞く事はない。
そしてその音量たるや、
帰ってからもずっと耳の奥で鳴き続けているのである。
 
コンピュータのファンの音を、
アブラゼミなどのベースの音に見立てて、
サラウンドのステレオで聞こえてくるほどなのだ。
 
これはもしかして幻聴?
おおっと、危ない、危ない。今は別な意味でアブない。
 
それはともかく、例によって話は変わるが、
選挙の公示日を過ぎて、いよいよ選挙カーがやかましくなってきたのだ。
 
あの選挙カーをうるさく思っている人は多いと思われるのだが、時代が変わってもなぜか健在である。
思うに、うるさく感じるポイントは1点、候補者の名前を連呼する事にあるのではないか。
 
つまり、候補者の名前を連呼する事を禁止しさえすれば、静かになるのではないかと思われる。
例えば、1分間に2回以上名前を言ってはいけないようにすれば、
選挙カーは名前以外の情報を盛り込まねばならず、いきおい中身のあるものになる。
もちろん録音されたものを流すのを防ぐために、それも禁止する。
 
こうなると、よほどの弁士を車に乗せなければならなくなって、
いずれはスピーカーを鳴らしてまわる選挙カーそのものが廃れてしまうだろう。
 
と、ここまで考えて、「まてよ、原稿を読み上げたらおしまいだな」と気がついた。
それ以外にも抜け道がいっぱいありそうだ。
単純に選挙カーそのものを禁止すれば良いだけではないか。なあんだ。
ま、しないんだろうけど。
 
蝉の声が耳の奥から消えたと思ったら、今度は候補者の名前がサラウンドで聞こえ始めるのか。
やれやれ、おそらくはこれが狙いだろうが、これまた危ない事に変わりはない。
 
いっそスピーカーで本物のセミの声を流してくれた方がマシかも知れない。
候補者別に蝉の種類を割り当てるのだ。
「はい、あなたミンミン。あなたはツクツクボウシね。あなたはヒグラシ、あなたは……」
 
あ、冬はどうしよう。
 

コメント

_ manicure ― 2017/05/05 01:30:35

Ahaa, its good dialogue about this paragraph at this place at this website, I have read
all that, so at this time me also commenting at this place.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://binsei.asablo.jp/blog/2009/08/20/4528262/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

<< 2009/08 >>
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

このブログについて

ノープラン、ノーコンセプトで綴る、
モノクローム・モノローグ。

最近のトラックバック

RSS