天国と地獄のヘビーローテーション。2009/10/11

天国と地獄のヘビーローテーション。
体育の日は、確か東京オリンピックを記念して、
その開会式の日に設定していた筈である。
 
晴れの特異日だったとかなので、
ハッピーマンデーとやらで毎年日にちが変わるのは、
その記念日的性格や特異日の事を考えると、
どうかなと思わんでも無い。
ま、特異日というのも信用できないのではあるが。
 
しかも運動会は日曜に行い、
体育の日の月曜日は予備日や休養日に当てられ、
実際に運動会が行われる事は少ないという結果に。
 
というわけで、予てここに記した通り、
運動会に参加してきたのである。
晴れ男の面目躍如、天気にも恵まれ、まさに運動会日和とも言うべき、秋晴れであった。
 
靴はスニーカーを用意したのだが、
ウエアはキャップをもし脱げば、日曜日に自宅でくつろぐお父さんと紙一重というスエットである。
上下の色を変えてささやかな抵抗を試みている。
間違っても蛍光色の入ったジャージは着まいと思っていたのだ。
そしてキャップはMoMAのロゴ入りと、さりげなく自己主張を織り込むという念の入れ様である。
 
さて、肝心の綱引きの結果だが、残念ながら2連敗と惨敗であった。
綱引きの経験がそれほど多い訳ではなかったのだが、
どうも互角と感じている時は、むしろやや押されている(言い換えると引かれている)ようである。
 
アドバイスに従い、軍手を用意していたのだが、使用禁止という通達。
もはや力比べというより、手の痛さの我慢比べといった様相を呈していたのではないか。
 
しかし競技が始まれば血が騒ぎ、全力を出してしまう性はいかんともし難い。
おかげで、ただでさえ弱い手の指の軟骨と腰に違和感が残らなければよいが。
 
それにしても、やはり運動会はいい。
おなじみ「クシコスポスト(郵便馬車)」「天国と地獄」などの定番のBGM…。
秋風に乗って鼻をつくピストルの火薬の匂い…、コーナリングで巻き上がる土煙…。
色々な記憶を呼びさましてくれる。参加して良かった。
子供たちもこんなに居たのかという程多く、しかも予想以上に溌剌として屈託がない。
何だか少し安心したのである。
 
ところで、綱引きの参加賞としてスプーン印の砂糖をいただいた。
「甘い」という意味かも知れん。
 

コメント

_ mitoma@asu ― 2009/10/13 12:14:42

 お疲れ様でした。今日くらいに疲れが出てくるのではないでしょうか?
それにしても軍手禁止とは、、、いっそ全員に支給してくれたらいいのに。

_ binsei ― 2009/10/13 17:48:10

全員分の軍手だと、そこそこかかるので致し方ないのでしょう。
競技委員も有利不利を気にするのであれば、
体重制限などが無かったのは解せませんが、まあ運動会ですし。

痛みや疲れなどは翌日に少しだけありました。
意外とまだ若いということでしょうか。

_ manicure ― 2017/05/05 00:17:45

Hello to every body, it's my first visit of this website;
this web site contains amazing and genuinely excellent
data for readers.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://binsei.asablo.jp/blog/2009/10/11/4628061/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

<< 2009/10 >>
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

ノープラン、ノーコンセプトで綴る、
モノクローム・モノローグ。

最近のトラックバック

RSS